よくあるご質問

遺品整理お役立ち情報

「不用品の寄付で世界に支援を」をテーマにサイトを立ち上げました。

まだ使える不用品の処分方法

断捨離をすると、ほとんど使っていないけれど不要というアイテムが出てきます。
流石に、破棄するのはもったいなくて罪悪感を感じる人も多いでしょう。
そこで活用できるのが、不用品の買取サイトです。
自分にとっては不要なものが、他の誰かの必要なものになるため良い循環が生まれます。

買取できないこともある?

買取サイトによっては、アイテムの種類や状態で買取価格が付かないこともあります。
その場合、処分できずに手元に戻ったり、破棄されるので逆にお金がかかったりといった不本意なことになったりするでしょう。
(株)アール・ラウンドでは、送っていただいた商品必ず値段をつけています。
LINEでスピード査定をしていますので、気軽に相談していただけるのも魅力です。

買取か寄付を選べる

株)アール・ラウンドの魅力は、宅配買取だけではありません。
査定完了後に、買取金額を寄付するか受け取るかをするかを選択することが可能です。
大切にしていたけれど不要になってしまったアイテムも、再び大切にしてもらえる環境に届けば、寄付してくださった方も安心でしょう。
また、無駄にゴミを排出することが減るので、地球環境の改善にもつながります。

送りたい寄付先が選べる

(株)アール・ラウンドでは、寄付先を4種類用意しています。
具体的には、「人道支援」「動物支援」「被災地支援」「環境支援」です。
それぞれの支援先について解説します。

人道支援

人道支援では「子供の未来応援基金」に寄付します。
日本国内には、まだまだ貧困に苦しむ子供たちがたくさんいるのが現実です。
こうした子供たちに対して、食や勉強といった様々な角度から支援をしています。

動物支援

動物支援では「日本動物愛護協会」に寄付します。
不幸な環境で生きる動物たちを減らすために、「今を生きている命は幸せに、不幸な命は生み出さない!」と言ったスローガンを掲げて活動していくのが特徴です。

被災地支援

被災地支援では「災害復興支援特別基金」に寄付します。
台風や地震など、災害の多い日本において欠かせない基金です。
いつ起きてもおかしくない災害に備えて、迅速に動けるようなサポートをしています。

環境支援

環境支援では、「日本自然保護協会」に寄付します。
日本にある豊かな自然を、後世に残していくための調査研究や自然保護に使われる寄付です。
現在、重要視されている生物多様性に関する保全にも貢献しています。

寄付先への入金確認もチェック可能

買取金額を寄付した場合に気になるのが、正しく寄付されたかどうかでしょう。
寄付団体の中には、寄付金の行方が分からなくて不安になることも少なくありません。
(株)アール・ラウンドでは、寄付金が希望する団体に振り込まれているかをチェックできる体制をとっております。
寄付いただいた内容と日付を公開しているので、誰でもわかりやすく確認できるのが特徴です。

 

簡単なステップで寄付完了

(株)アール・ラウンドでは、たった3ステップで寄付をしていただけます。
まずは、段ボール(最低100サイズ)をご用意いただき、不用品を詰めたらエコリス伏⽯店もしくはエコリス⾼松南店までお送りください。
到着した不用品は、プロの鑑定士が責任を持って査定するので安心です。
査定・売買が完了したら、指定された寄付先に寄付をいたします。
この時、寄付金と買取金に分けることもできるので、ご自分のスタイルに合わせてお選びください。
寄付が完了したのちは、ホームページで寄付の結果が確認できるようになります。

まだ使えるのに、手放さなくてはならなくなったアイテムたちは、買取や寄付という形で、次の循環に繋げましょう。
無理せず、社会貢献ができる素敵な手段です。
ぜひ、(株)アール・ラウンドのサービスを活用して、明るい社会を作っていきませんか?

<問い合わせフォームはこちらをクリック>

ゴミ屋敷の整理をご依頼いただきました。出来るだけ早めの対策が大切!

今回は、長らく放置されたゴミ屋敷の整理をご依頼いただきました。
高齢化社会が進み、ゴミ屋敷に関する問題は深刻化を極めています。
高齢者に限らず、日頃の仕事に追われて気がつけばゴミ屋敷になってしまったというケースも少なくありません。
スッキリアでは、手がつけられなくなったゴミ屋敷の整理もサポートしています。

ゴミ屋敷の怖さ

今回担当したお宅は、長い間放置されていたゴミ屋敷でした。
その割には、生ゴミの腐敗臭などが少なく、作業がしやすかったのが特徴です。
しかし、ゴミ屋敷のほとんどは、放置すればするほど状況が悪化します。
ゴミ屋敷を放置すると、どんなことが起こるのかを見ていきましょう。

害虫問題

ゴミ屋敷の中には、ゴキブリやハエ、ネズミなどが大好きな食べ残しや腐敗したものが溢れています。
害虫や害獣は、放っておけばどんどん増える厄介者です。
ゴミ屋敷の中だけで増えれば良いですが、近隣住宅にも迷惑をかける可能性も否めません。
ゴミ屋敷が根源となり、地域全体が不衛生な状況になれば、大問題に発展するでしょう。
遺品整理をするのであれば、ゴミ屋敷が害虫の溜まり場になる前に、早い段階で作業することが大切です。

悪臭問題

ゴミ屋敷のほとんどは、生ゴミもそのまま放置しています。
今回の場合は、生ゴミの腐敗臭がなく、作業もスムーズに行えましたが、一般的なゴミ屋敷では腐敗臭の中で作業をしなければなりません。
もちろん、強烈な臭いは近隣まで漂い、苦情が届くことも多いでしょう。
特に、夏場は一気に腐敗が進むため、遺品整理も早く進めておく必要があります。

火災の恐れ

遺品整理をする段階の家は、電気が通っていることも少なくありません。
ゴミ屋敷の場合、埃も大量に溜まっているため、コンセント部分から発火する可能性があります。
また、腐敗によって発生したガスや溜め込まれた書類などがあれば、すぐに引火し燃え広がるでしょう。
近隣にまで延焼してしまえば、大変な問題になってしまいます。
万が一の事態に見舞われないためにも、遺品整理は早めにすることが大切です。

遺品整理で処理できないもの

いくらゴミ屋敷だったとはいえ、整理をする際には仕分けをしていくことになります。
基本的には、全て処分するという依頼であっても、貴重品が出てくる可能性があるので、仕分けは欠かせない作業です。
今回も、現金や貴金属などがたくさん出てきたため、処分せずにお返しする流れとなりました。
また、新品のバッグや洋服などもあり、状態によっては買取ができる可能性もあります。
スッキリアでは、状態の良いものや貴重品が出てきた場合には、すぐに処理するのではなく、ご依頼主に相談しながら作業を進めるため安心です。
長らく整理していなかった家でも、お気軽にご相談下さい。

遺品整理やゴミ屋敷に困ったらスッキリアへ

スッキリアでは、ゴミ屋敷になった家の遺品整理にも対応しています。
大量の荷物が残されており、何から手をつけたらいいかわからない方は、ぜひ一度ご相談ください。
現地をチェックした上で、適切な作業をご提案いたします。
また、買取可能なものがあれば、査定もいたしますので、ご安心ください。
高松市、坂出市、さぬき市、丸亀市他 香川県内であれば全域からお申込みを承っております。
ゴミ屋敷になった家の遺品整理に関して、不安や悩みを抱えている方は、まずは「遺品整理スッキリア」にご相談下さい。
<問い合わせフォームはこちらをクリック>

「不用品の寄付で世界に支援を」をテーマにサイトを立ち上げました。

まだ使える不用品の処分方法

断捨離をすると、ほとんど使っていないけれど不要というアイテムが出てきます。
流石に、破棄するのはもったいなくて罪悪感を感じる人も多いでしょう。
そこで活用できるのが、不用品の買取サイトです。
自分にとっては不要なものが、他の誰かの必要なものになるため良い循環が生まれます。

買取できないこともある?

買取サイトによっては、アイテムの種類や状態で買取価格が付かないこともあります。
その場合、処分できずに手元に戻ったり、破棄されるので逆にお金がかかったりといった不本意なことになったりするでしょう。
(株)アール・ラウンドでは、送っていただいた商品必ず値段をつけています。
LINEでスピード査定をしていますので、気軽に相談していただけるのも魅力です。

買取か寄付を選べる

株)アール・ラウンドの魅力は、宅配買取だけではありません。
査定完了後に、買取金額を寄付するか受け取るかをするかを選択することが可能です。
大切にしていたけれど不要になってしまったアイテムも、再び大切にしてもらえる環境に届けば、寄付してくださった方も安心でしょう。
また、無駄にゴミを排出することが減るので、地球環境の改善にもつながります。

送りたい寄付先が選べる

(株)アール・ラウンドでは、寄付先を4種類用意しています。
具体的には、「人道支援」「動物支援」「被災地支援」「環境支援」です。
それぞれの支援先について解説します。

人道支援

人道支援では「子供の未来応援基金」に寄付します。
日本国内には、まだまだ貧困に苦しむ子供たちがたくさんいるのが現実です。
こうした子供たちに対して、食や勉強といった様々な角度から支援をしています。

動物支援

動物支援では「日本動物愛護協会」に寄付します。
不幸な環境で生きる動物たちを減らすために、「今を生きている命は幸せに、不幸な命は生み出さない!」と言ったスローガンを掲げて活動していくのが特徴です。

被災地支援

被災地支援では「災害復興支援特別基金」に寄付します。
台風や地震など、災害の多い日本において欠かせない基金です。
いつ起きてもおかしくない災害に備えて、迅速に動けるようなサポートをしています。

環境支援

環境支援では、「日本自然保護協会」に寄付します。
日本にある豊かな自然を、後世に残していくための調査研究や自然保護に使われる寄付です。
現在、重要視されている生物多様性に関する保全にも貢献しています。

寄付先への入金確認もチェック可能

買取金額を寄付した場合に気になるのが、正しく寄付されたかどうかでしょう。
寄付団体の中には、寄付金の行方が分からなくて不安になることも少なくありません。
(株)アール・ラウンドでは、寄付金が希望する団体に振り込まれているかをチェックできる体制をとっております。
寄付いただいた内容と日付を公開しているので、誰でもわかりやすく確認できるのが特徴です。

簡単なステップで寄付完了

(株)アール・ラウンドでは、たった3ステップで寄付をしていただけます。
まずは、段ボール(最低100サイズ)をご用意いただき、不用品を詰めたらエコリス伏⽯店もしくはエコリス⾼松南店までお送りください。
到着した不用品は、プロの鑑定士が責任を持って査定するので安心です。
査定・売買が完了したら、指定された寄付先に寄付をいたします。
この時、寄付金と買取金に分けることもできるので、ご自分のスタイルに合わせてお選びください。
寄付が完了したのちは、ホームページで寄付の結果が確認できるようになります。

まだ使えるのに、手放さなくてはならなくなったアイテムたちは、買取や寄付という形で、次の循環に繋げましょう。
無理せず、社会貢献ができる素敵な手段です。
ぜひ、(株)アール・ラウンドのサービスを活用して、明るい社会を作っていきませんか?

ご実家の生前整理をご依頼いただきました。身辺整理の悩みはありませんか?

今回は、生前整理として、ご実家の屋内外における全撤去をご依頼いただきました。
「遺品整理スッキリア」では、身辺整理や生前の遺品整理を承っております。

生前整理とは

ご本人が元気なうちに、ご本人の意思に基づいて、不要なものや財産の整理を行うことを生前整理と言います。

生前整理のメリット

生前整理をすることで、依頼者本人が亡くなった際に、遺された家族の負担を軽減できます。
自分の判断で所有物の処分や相続がしやすくなるため、財産トラブルを回避できる点もメリットです。
また、生前整理をしながら人生を振り返り、気持ちの整理をするのも生前整理の目的といえるでしょう。

生前整理の注意点

できるだけ断捨離をする

今回の事例では、すでに必要なものが持ち出されている状態での対応となりました。
そのため、大型家具が少なく、仕分け作業も大変スムーズに行えた点が特徴です。
生前整理をする場合、「もったいない精神」によって、なかなか整理が進まず、結果的に処理費が嵩むケースが後を絶ちません。
生前整理を依頼する前に、できるだけ断捨離をしておくと、費用を抑えられます。
当社では、断捨離のお手伝いも行なっておりますので、お一人での作業が難しい場合は、いつでもご相談ください。

庭の整理

今回は、庭作業を好んでしておられたご家庭だったことから、庭に防草シートが敷き詰められており、園芸用品の断捨離がなされていなかったため、屋内よりもゴミが多く、防草シートの撤去にも手間取りました。
このように、庭の整理は個人でするのが難しく、特に植えた樹木などは処分に困りがちです。
屋内だけではなく、屋外の整理に困っている場合も、ぜひご相談ください。

電気について

今回の案件では、すでに電気を止めてあったため、暗くなる夕方には作業を終える必要がありました。
日が短い時期ということもあり、通常のスケジュールより時間がかかったのが難点でした。
お見積もりの段階で、電気契約の有無についてもお知らせいただくと、より細かく予算をご提案できます。
お見積もりは無料で行なっておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

貴重品があった場合

生前整理にかかわらず、遺品整理をしていると貴重品が出てくる場合があります。
当社では、作業前の段階で、必要なものや出てきたときに残しておいて欲しいものをお伺いした上で作業に入るため、ご安心ください。
貴重品が出てきやすい生前整理の場合は、特に仕分け作業を慎重に行います。
そのため、ご依頼者様が気がつかなかったような貴重品が出てくることも少なくはありません。
貴金属やブランド時計といった貴重品が出た場合、当社直営のリサイクルショップで買取も可能です。
買取を行った場合は、「お片づけ整理費用」から「買取金額」を引いた価格が、お支払金額となります。
例えば、買取金額が整理費用より上回った場合は、お支払金額が無料になるばかりか、思いがけずお小遣いが入るケースもあるため、貴金属が出た場合は買取もおすすめです。

当社では、香川県内全域において、生前整理のサポートを行なっております。
不安なことやどこから手をつけたらいいか分からない場合など、お電話での相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
尚、メールでのお見積もり・ご相談は24時間無料で行なっております。

生前整理に困ったらスッキリアへ

高松市、坂出市、さぬき市、丸亀市他 香川県内であれば全域からお申込みを承っております。
生前整理に関して、不安や悩みを抱えている方は、まずは「遺品整理スッキリア」にご相談下さい。

<問い合わせフォームはこちらをクリック>

 

仕分けを含む生前整理をご依頼いただきました。大量の遺品仕分けに困っていませんか?

今回は、非常に敷地の広いお宅で、仕分けを含む生前整理をご依頼いただきました。
母屋と離れの他に、納屋もある大きな物件での作業でした。
スッキリアでは、遺品整理士の資格を持ったスタッフが在籍しており、責任を持って分別仕分けを行います。

分別仕分けのポイント

今回のご依頼は、写真やアルバムのほか、一部残しておきたいもの以外は全て搬出して欲しいというご依頼でした。
また土地の権利書等、貴重な書類が見つけられないので、見つかれば残しておいて欲しいというご希望も承りました。
非常に古い物件で、納屋の中には戦前のものもあり、歴史を感じながらの作業でした。
続いては、分別仕分けをする上で押さえておきたいポイントを解説します。

必要書類は保管場所を決めておく

今回は、古い物件ということもあり、結果的に土地の権利書等の書類関係が出てくることはありませんでした。
いざ、生前整理をするという段階で、こうした必要書類が見つからないというケースはよくあります。
整理後に家の売却を考えておられる方は必ず必要になる書類です。
本当に必要になってから手元にないという事態にならないように、普段から保管場所を決め、家族で共有しておくことが大切です。

秘密厳守

今回ご依頼いただいた分別作業のように、権利書類関係や貴重品など、整理中にはデリケートな品が出てくることがあります。
できれば、家族以外に触れられたくないものもあるでしょう。
とはいえ、現実的にご自分での整理作業は困難だというケースがほとんどです。
スッキリアでは遺品整理士が適切な処理手続きを行うので安心してご相談ください。
もちろん、お客様の秘密は最後までしっかりと厳守いたします。

広い物件の作業

高齢化が進んでいる昨今、今回のように、母屋・離れ・納屋のすべてを全処分するというケースも増加傾向にあります。
今回の場合、母屋はある程度片付けがされていたため、非常にスムーズな作業となりました。
しかし、納屋は古いものがたくさんあったり、手が付けられていない状況でした。
戦前からあるような広い物件では、想い出のこもった品が多数見つかる場合も少なくありません。
スッキリアでは、お客様にしっかりと還元するため、手間がかかる作業も丁寧に行います。
ご希望がありましたら弊社直営のリサイクル店で買取も行っておりますので、見積もりの際にお気軽にお問合せください。

分別した上で、大切な品が見つかった場合はお客様にお返しいたしますので、安心してご依頼いただけます。
また、品物が多くご自分での仕分け作業が難しい場合にも対応しますので、見積もりの際にお気軽にご相談くださいませ。

大切に住まわれていた物件への感謝

今回は、年配の方によるご依頼でした。
整理をした家は、ご依頼者が長く住まわれていた家です。
そのため、作業後のご自宅を見て安心と寂しさがこみ上げる姿には、私たちも心打たれました。
整理をするとはいえ、どの家にも思い出が詰まっています。
できれば、整理をすることなく、いつまでも残しておけたらと考える人もあるでしょう。
それでも決意をして、次の世代に引き渡すために生前整理や遺品整理をする方が多いのも現実です。
スッキリアでは、大切なご自宅と思い出に傷をつけないように、丁寧に対応をいたしますので、どうぞ安心してご依頼ください。

広い物件の生前整理や遺品整理に困ったらスッキリアへ

高松市、坂出市、さぬき市、丸亀市他 香川県内であれば全域からお申込みを承っております。
広い物件の整理に関して、不安や悩みを抱えている方は、まずは「遺品整理スッキリア」にご相談下さい。
どのような物件であっても、適切に対応し、秘密は厳守いたします。

<問い合わせフォームはこちらをクリック>

施設入居のための生前整理をご依頼いただきました。数年以上放置されている物件にお困りではありませんか?

今回は、施設に入居したままとなった方の生前整理をご依頼いただきました。
高齢化が進み、病院や施設に一旦入るつもりが、結果的にそのまま入居されるケースも少なくありません。
スッキリアでは、施設入居のための生前整理についても承っております。

生前整理のポイント

今回のご依頼は、築年数が相当経っている県営住宅でした。
そのため、今後の取り壊しが決まっており、生前整理の作業が急務となりました。
こうした公営住宅は非常に多く、この先強制的な引っ越しを強いられるケースは増えるのではないでしょうか。
今回のケースを踏まえながら、生前整理のポイントを解説します。

実印を探したい

施設入居に際して、必要なものはすべて持ち出された案件でしたが、後からいくつか残したいと指定がありました。
そのひとつが印鑑関係でした。
中でも、実印が見つからなくなっていたので、一緒に探して欲しいというご希望を承りました。
あちこちに印鑑をしまっておられたようで、実印を見つけるのにも手間取ってしまったのが印象的でした。
見つからなかった場合は、役所にて変更手続きなど時間がかかる場合があります。
いざという時のために、貴重品の保管場所については家族間で共有しておくことが大切です。
スッキリアには、遺品整理士の資格を持ったスタッフが在籍しており、秘密厳守で作業をしておりますので、安心してご依頼くださいませ。

紫外線による傷み

今回ご依頼いただいた方は、施設に入ってから数年が経過していました。
しかも、施設入居後すぐの状態に保たれており、整理はされていない様子でした。
また、カーテンが開いていたため、紫外線により様々なものが傷んでいました。
傷んでしまうと、本来ならば買取可能だったものも処分せざるを得ません。
長期間、家を空けることになった場合は、必ずカーテンをするなどして紫外線を避けるようにしましょう。

仕分け作業について

今回は、印鑑の他にニット帽や写真を残して欲しいというご依頼でした。
小物が多いお宅だったこともあり、仕分け作業には一番時間がかかりました。
お客様のご厚意により電気が使えたので、遅い時間まで作業ができ助かりましたが、電気がつかなかった場合にはさらに日数を要していたでしょう。
こうした仕分け作業は、状況によって大変手間と時間がかかります。
ご家族だけで作業するには、とても困難な作業といえるでしょう。
スッキリアでは、残すものと処分するものを丁寧に仕分けし、廃棄にかかる処分費用を抑えることが可能です。
お客様の意向をしっかりと汲み取った作業をいたしますので、安心してご依頼ください。

ベランダの整理について

ベランダで菜園や花壇などを楽しんでいたご家庭では、土やプランターなどの処分に困るケースがあります。
特に問題となるのが土の処分です。
ご自分で処分するには、大変手間がかかるでしょう。
自治体によっては、土を一般ゴミとして引き取ってもらえないケースも少なくありません。
スッキリアでは、こうした廃棄困難となったゴミについても、しっかり対応いたします。
お見積もりは無料で承っておりますので、お気軽にご相談ください。

施設入居における生前整理に困ったらスッキリアへ

スッキリアでは、ゴミ屋敷となったお宅の遺品整理にも対応しています。
長い間、家を空けておられる場合も、お気軽にご相談くださいませ。
高松市、坂出市、さぬき市、丸亀市他 香川県内であれば全域からお申込みを承っております。
遺品整理に関して、不安や悩みを抱えている方は、まずは「遺品整理スッキリア」にご相談下さい。
<問い合わせフォームはこちらをクリック>

相続前の遺品整理をご依頼いただきました。貴重品や書類を含む遺品整理に困っていませんか?

今回は、お父様が一人暮らしされていた県営住宅の遺品整理をご依頼いただきました。
相続等の手続きを終える前の作業ということもあり、必要書類や貴重品は遺すというご希望でした。
また、写真やアルバムなどの思い出の品もご依頼主様にお渡しする方向で作業を進めました。
スッキリアでは、相続前の遺品整理についても承っております。

遺産相続とは

被相続人にあたる故人が遺した財産を、家族や親族などの相続人が引き継ぐことを遺産相続といいます。
相続財産とは、現金や預貯金だけではありません。
不動産や自動車、宝石といった貴重品、そのほか電話加入権やゴルフ会員権などの権利も該当します。
さらに、借金や住宅ローンなどの債務も相続財産のひとつです。
親族同士で揉めることなくスムーズな遺産相続をするためには、遺言書をはじめとする書類が欠かせません。
遺品整理をする段階で、必要な書類を捨ててしまうと、遺産相続をする上でトラブルになる可能性がるので注意しておきましょう。
スッキリアには、遺品整理士の資格を持ったスタッフが在籍しております。
丁寧で正確な分別をいたしますので、安心してご依頼ください。

借家の遺品整理

今回のご依頼は、県営住宅にお住まいだったお父様の遺品整理でした。
県営住宅に限らず、借家の遺品整理は、特に注意を払う必要があります。
借家の遺品整理についてポイントをみていきましょう。

契約内容をチェック

借家の場合、入居される際に賃貸借契約書を交わします。
契約書には、退去する際のルールも記載されているので、遺品整理をする前にチェックしておくことが大切です。
特に、原状回復についてはしっかりと押さえておく必要があります。
例えば、家具や家電、絨毯など後から持ち込んだものはすべて撤去しなくてはなりません。
今回のような公営住宅の場合、民間の賃貸住宅よりも細かなルールが定められているケースが多々あります。
また、ハウスクリーニングを借主がする場合もあるので要注意です。
簡単なお掃除も承りますので、お気軽にご相談ください。

釘やビスの撤去

公営住宅では、釘やビスなど細かい備品の撤去もする必要があります。
今回は、自作の棚が多数取り付けられていたこともあり、撤去に時間がかかりました。
スッキリアでは、細かな部分まで抜かりなく作業いたします。

買取品について

今回のご依頼では、買取可能なアイテムがあれば買い取って欲しいというご希望もありました。
家主だったお父様は、釣りがお好きだったようで釣り道具が多く残っていました。
また、男性の一人暮らしにしては、食器類が多いのも特徴的でした。
不用品の中から再利用可能だと判断したものについては、出来る限りお値段をつけて買取致します。
スッキリアでは、リユースショップの運営も行っており、直営だからこそできる買取価格が実現可能です。
遺品整理と遺品買取の両方を希望される方は、ご遠慮なくご相談ください。

遺産相続の相談について

今回のような、遺産相続前の遺品整理という依頼も頻繁にいただきます。
中には、相続や土地・家屋の権利についてどのように手続きをしたらいいかわからない人も少なくありません。
スッキリアには、会社専属の税理士や弁護士がおります。
遺品整理と併せて、相続に関する悩みや土地・家屋の権利についてお困りの場合は、ぜひお気軽にご相談ください。

相続前の遺品整理に困ったらスッキリアへ

スッキリアでは、相続前の遺品整理にも対応しています。
高松市、坂出市、さぬき市、丸亀市他 香川県内であれば全域からお申込みを承っております。
遺品整理に関して、不安や悩みを抱えている方は、まずは「遺品整理スッキリア」にご相談下さい。
<問い合わせフォームはこちらをクリック>

ゴミ屋敷の片付けをご依頼いただきました。手がつけられなくなる前に早めの対処が大切!

今回は、ゴミ屋敷化してしまった部屋の片付けをご依頼いただきました。
高齢化が進む昨今、自分では片付けが困難になった状態で家主がなくなるケースも少なくありません。
スッキリアでは、ご遺族の方だけでは対処しきれないゴミ屋敷の遺品整理も承っております。

ゴミ屋敷とは

ゴミ屋敷として一般的に定義されているわけではありませんが、家の中にゴミが溢れかえり、足の踏み場も無いような状況をゴミ屋敷と呼ぶことがほとんどです。
心の病を抱えたり、捨てられない性分だったりとゴミ屋敷になる理由は様々にありますが、高齢化も原因の一つといえるでしょう。

ゴミ屋敷を放置しておくとどうなる

ゴミ屋敷となった家の家主が亡くなった場合、ご遺族が片付けをするのは非常に大変な作業です。
そのため、なかなか手がつけられず放置してしまうことも考えられます。
しかし、ゴミ屋敷を放置してしまうと様々な問題に発展し兼ねません。
続いては、ゴミ屋敷が巻き起こす問題について解説します。

悪臭・害虫問題

生ゴミや汚水が溜まっている状況であれば、悪臭問題が発生します。
それに加えて、害虫など近隣に対して迷惑がかかる可能性も大いにあるでしょう。
集合住宅の場合、床が傷み下の階に汚水が漏れたり、最悪の場合、床が抜けてしまうケースも考えられます。

火災の可能性

ゴミ屋敷と化した家を空き家のまま放置しておくと、コンセント周りに溜まったゴミやホコリが原因で火災になる可能性があります。
ゴミ屋敷に一度火がついてしまうと、燃え移りやすいものが多いため、あっという間に大火災にもなりかねません。
スッキリアでは、こうした状況になる前に、ゴミ屋敷問題を対処するためのサポートをしています。
親族が放置しているゴミ屋敷など、悩みを抱えておられる方は、ぜひ一度ご相談ください。

ゴミ屋敷の遺品整理について

今回は、幸いにも食べ残しがなく、冬場ということもあり悪臭問題がありませんでした。
また、ご遺族がある程度片付けをされていたこともあり、作業がしやすかったのが特徴です。
近隣住民にご迷惑がかからないようにというご希望でしたが、お客様による事前作業のおかげもあり無事に完了しました。
しかし、ゴミ屋敷の遺品整理は、こうしたスムーズなケースばかりではありません。
ゴミ屋敷の遺品整理におけるポイントについて解説します。

早めの相談が大切

今回のご依頼者は、手がつけられなくなったゴミ屋敷が空き家になってからも家賃を払い続けておられました。
大変な無駄遣いとなってしまうため、早めの対処が大切です。
また、時間が経過すればするほど、家の中の状態が悪くなり作業にも時間がかかります。
悪臭がきつくなれば、別途作業費も嵩むため注意しましょう。

小銭が大量に出てくる可能性あり

ゴミ屋敷だからといって、お金がなく片付けが出来ずにゴミ屋敷になるわけではありません。
今回のお宅からも、数万円分もの小銭が回収されました。
お金以外はすべて捨てていいという依頼でしたが、小銭はどこから出てくるかわかりません。
こうした状況からも、お金の問題ではなく外部との関係が薄いことがわかります。
生前の段階で、できるだけ親族がサポートしたり、できない場合は何らかの支援サービスが利用できれば心強いでしょう。

ゴミ屋敷の遺品整理に困ったらスッキリアへ

スッキリアでは、ゴミ屋敷となったお宅の遺品整理にも対応しています。
悪臭対策や害虫対策も手掛けておりますので、ぜひ一度ご相談下さい。
高松市、坂出市、さぬき市、丸亀市他 香川県内であれば全域からお申込みを承っております。
遺品整理に関して、不安や悩みを抱えている方は、まずは「遺品整理スッキリア」にご相談下さい。
<問い合わせフォームはこちらをクリック>

リフォーム前の遺品整理をご依頼いただきました。一軒家の遺品整理に関する悩みはありませんか?

今回は、20代の男性にご依頼いただき、遠縁にあたる親戚の遺品整理を行いました。
「遺品整理スッキリア」では、様々なケースの遺品整理に対応していおります。

遺品整理とは

ご家族やご親族が亡くなった後は、想像以上にやらなければならないことが多くあります。
しかし、悲しみに暮れている状況で、行政や葬儀社などとのやりとりは非常に大変な作業です。
さらに遺族の負担となるのが、遺品整理でしょう。
故人が暮らした家や部屋に遺っている物品の整理は、労力はもちろん時間もお金もかかります。
スッキリアでは、お見積もりやご相談を24時間メールで受け付けていますので、ぜひご相談ください。

遺品整理後にリフォームをするケース

今回のケースでは、遺品整理が完了した後にリフォームしてお住まいになられるという状況でした。
とはいえ、ほとんど故人と面識がなかったとのことで、お若いのに感心です。
続いては、リフォームを目的とした遺品整理について、ポイントを解説します。

残したいものをリストアップする

今回は、遺品のうち貴重品や一部の本・書類は捨てずに残して欲しいという依頼でした。
部屋数は少ないお宅でしたが、押入れ内には満杯に物が詰まっており、一見するよりも物量がありました。
こうしたケースの場合、事前に残したいもののリストがはっきりしていると作業がスムーズになります。
お一人でのリストアップや断捨離が難しい場合は、当社でもサポートを行なっておりますので、いつでもご相談くださいませ。

スケジュールについて

今回のご依頼者は、県外から立ち会うという状況でした。
そのため、できれば平日を使って1日で作業を終えて欲しいとのことで、よりスムーズな作業が求められました。
このように、スッキリアではお客様のご希望に沿ったスケジュールに出来る限り対応しております。
お急ぎの場合、最短即日での対応も可能です。
実際、今回の場合は、7時間ほどで作業を終えることができ、お客様のご希望通り1日でのお引渡しとなりました。
まずは、一度ご相談ください。

施錠されたタンスや物入れについて

今回の案件では、施錠されたタンスや物入れが遺っていました。
リフォームをする前提での作業であり、貴重品は残すといった条件でしたので、止むを得ず
解体して中身を確認しなくてはなりませんでした。
こうしたイレギュラーの出来事に対してもできる限り対応いたします。
見積もりの段階で、事前に開けるのが困難なタンスや物置があることがわかれば、お知らせいただけるとよりスムーズな作業が可能です。
お気軽にお問い合わせください。

それぞれの状況に合わせて遺品整理を行います

遺品整理を行う際の状況は、お客様によって様々です。
今回の事例のように、リフォームを前提とした遺品整理のほか、解体したりそのまま暮らすというケースもあるでしょう。
その後の状況に合わせて、遺品整理に関する作業も異なってきます。
そのため、遺品整理後の流れをある程度当社で把握できておくと、より綿密なスケジュールや予算が立てやすくなるので、事前にお伝えいただくことが大切です。
お電話での相談も承っておりますので、ぜひ一度お問い合わせください。

遺品整理に困ったらスッキリアへ

高松市、坂出市、さぬき市、丸亀市他 香川県内であれば全域からお申込みを承っております。
遺品整理に関して、不安や悩みを抱えている方は、まずは「遺品整理スッキリア」にご相談下さい。
<問い合わせフォームはこちらをクリック>

20代・30代で始める、ミニマリスト感覚で気軽な生前整理!

近年、若いころから始める終活への関心が高まっています。生前整理とは、ご家族の負担を減らすために行う大切なものです。生前整理と聞くと、歳を取り亡くなる前にする準備、というイメージがありますが、それだけではありません。若いうちに生前整理をしておくことで、今後の人生を快適に生きることにも繋がりますので、ぜひ若いころから始めてみてください。

 

生前整理に対するユーザーの疑問として以下があげられます。

・生前整理の具体的なやるべきことが知りたい

・生前整理をする上でのメリットが知りたい

・20・30代だから特に気を付けたい生前整理のポイントを知りたい

それでは、具体的に解説していきます。

生前整理をする上でのメリット

生前整理をすることによって、どこに何があるのか分かる状態にしておけば、あなたも周りの人も困らないというのが生前整理のメリットです。不要なものを捨て、身軽になることで、ミニマルに暮らすことができるのです。

 

生前整理をすることで、これからの生き方を見つめ、毎日を充実させましょう。

 

 

20代・30代で始める生前整理のポイント

20代・30代から生前整理をするのは早すぎるのでは?と思われるかもしれませんが、決して早すぎることはありません。病気や急な事故、自然災害などで人は若くして亡くなってしまうこともあるのです。

自分が亡くなってしまった場合のことを考えてできることをやっておきたい。

残された家族に迷惑をかけたくないから生前整理をやっておきたい。

 

そんな思いから終活への関心は高まっているのです。

 

人はいつ死ぬかわかりません。突然の事故や病気で、その尊い命をなくす若者もいます。終活を始めるのに「いつから」といったタイミングはなく、思い立った日に生前整理を始めるのがベストです。

 

 

1.必要なもの・不要なものを分けよう

生前整理の基本ですが、「いるもの」と「いらないもの」に分けることです。大好きな洋服や、思い出の品など、溜め込んでしまったものを整理整頓します。不用品を捨て、本当に大切なものだけを残しましょう。その際、自分なりにルールを決めてみると良いでしょう。

たとえば「1年間使わなかったものは捨てる」など明確に決めることで行いやすくなります。断捨離などが苦手な人は「部屋が広くなる」「頭がすっきりする」とポジティブに捉えて整理しましょう。

 

2.貯金や借金のリストをまとめておこう

生命保険に加入している場合は保険会社や受取人が記載された書類を保管しておきましょう。印鑑や通帳、保険証書、クレジットカードも一か所に保管しておくことで、いざという時、すぐ用意ができます。

 

入院費用を支払うにしても、保険の証書や預金通帳などの存在が分かっていればご家族も安心できますし、貯金や借金がいくらあるか、分かりやすく伝えることができるでしょう。

 

3.重要書類や貴重品をできるだけまとめよう

  • 処分するものが多いと比例して料金は高くなる

→貴方が突然亡くなってしまった場合、残されたご家族は遺品整理を業者に頼む場合も考えられます。その際に、処分するものが多いと比例して料金が高くなってしまいます。ご家族に負担をかけないように、処分するゴミの量をなるべく減らすことが大切です。

 

全てを粗大ごみにするのではなく、普段のごみ収集で出せるものについては、燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミなどで、少しずつ処分していくとよいでしょう。

  • 重要書類や貴重品はできるだけまとめて

→回収業者に頼んだ場合、重要書類や貴重品がバラバラに置いていると、処分品とまとめて捨てられてしまうといったトラブルが起こりかねません。そういったものはできるだけ一ヶ所にまとめて保管し、ご家族にその場所を伝えておきましょう。

 

自身に何かあった際の重要書類の手続きの仕方や、貴重品の処理についてメモなどを残しておくとよいでしょう。

 

4.PCやスマホのデータの整理

そのままにしておくと、個人情報の流出でのトラブル、ネット銀行口座や仮想通貨・FXなどそのままにしておくとによる損失等が考えられます。

近年増えてきているスマホやPC内に記憶されたクレジットカードの情報からカード番号を読み取られ、悪用されたりといったケースもあるのです。

 

また、亡くなった後に故人のパソコンやスマホのパスワードが解除できないといった問題も多いようです。 家族が困らないためにもデジタル情報をまとめておく必要があるのです。

 

・スマホやPCのパスワード

・ネット銀行口座や仮想通貨・FXなどの情報

・SNSやブログのアカウント情報

・スマホやPCに保存されたデータ

・動画や音楽、書籍やゲームなどの有料サービス

・通販サイトのアカウント

 

見られたくないデータや家族に伝える情報などは前もって整理しておくことをお勧めします。

 

不用品は業者にお願いして買取、回収してもらおう

生前整理をし、不要な物の中には価値のあるものや買い取って貰える物もあるのです。捨てるのが勿体ない場合は業者にお願いして買取・回収してもらうのが良いでしょう。

 

高価買取できる物の例として

・家具、家電製品

・バッグ・財布、貴金属

・骨董品、お酒

・カメラやオーディオ機器

・コレクション品

 

使用しないもので、市場でニーズがあるものは業者に買取してもらいましょう。出張買取してくれる業者を選べば、処分の手間も省けます。

 

 

遺品整理スッキリアは買取・回収承ります

遺品整理スッキリアは生前整理・遺品整理でご不要なものを買取・回収致します。 地元密着の安心できるリサイクル・リユース業者となっております。

 

最短で即日対応可能、スピーディーで丁寧な対応を心がけております。生前整理、遺品整理のアドバイスも無料で致しておりますので、お気軽にお声がけください。

 

 

まとめ

生前整理は、突然の病気や事故に備えて若い世代でも関心が高まってきていますので、敬遠せずに興味を持っていただけると良いかと思います。

 

また、生前整理をすることで、余計な物が減って生活しやすくなる、などの大きなメリットがあります。自分に何かあったときのことを考えて、今のうちに家族の為にもできることをやっておく必要があるのです。

 

必要なものや不要なものを分けて不要なものは業者に買取・回収してもらう。

 

生前整理をすることで、あなたの財産と向き合ってみるのは、これからの人生において価値があると言えるでしょう

 

本記事が、少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。

 

生前整理・遺品整理に関する訪問査定は遺品整理スッキリアへお任せください。

遺品整理の料金相場は?一軒家から一人暮らしまでご紹介!

大切な親族がお亡くなりになった時、遺族だけで遺品整理をするのはなかなか大変です。とりわけ故人が一軒家など広い住居に住んでいた場合には、遺品の量も多くなり遺品整理はとても困難になります。また、生活環境の違いにより様々な問題も出てきます。

例えば…

・残された家族が高齢で片付けが難しい
・子供一人残されてとても一軒家の片付けはできない
・子供が複数人いても別々の場所に暮らしている
・仕事や子育てに忙しく遺品整理に時間が割けない など。

遺品整理で悩んだとき、「業者に任せる」という選択肢がございます。しかし、遺品整理を業者に任せるとどうしても不安なのが、下記のような費用面での疑問です。

・お願いしたいけど、費用はいくら位?
・一軒家やワンルームなど建物別での費用が知りたい
・具体的な費用の詳細を知りたい

この記事では、そういった遺品整理を業者に頼んだ場合の費用を、一軒家から一人暮らしの場合までの料金相場をもとに解説いたします。

 

遺品整理業者にお願いした場合の価格・費用

一般的に遺品整理業者にお願いした場合の費用は、お部屋の広さなどによっておおまかに異なり、また作業時間についても広さに比例していくようになります。お部屋の広さに基づいた料金相場は以下の図の通りです。

 

一軒家、ワンルームの大体の費用は?

日本の一軒家の平均的な間取りが3LDKか4LDKなので、料金相場は17万~60万位となります。

一人暮らしも間取りによりますが、ワンルームや1DKなら3万~12万位になります。これらはあくまで間取りによる概算になります。搬出物が多いと料金が変動することもございます。

なぜ料金に大きな幅があるの?

処分する家具の量や種類で料金が上がります。種類で料金が上がるというのは、おもにサイズが大きかったり、とても重い物だったりすると搬出に手間がかかるので、搬出代がかかることがある為です。

逆に物が少ない場合は広い部屋でも料金が安く済む場合もあります。よってワンルームでも物が多ければ高くなり、4LDKでも1部屋分だけの依頼であればワンルーム分の料金になることもあるのです。

 

具体的な金額・値段詳細が知りたい場合は…

先ほどお話した通り、遺品整理の料金は現場によって違います。遺品の仕分け作業や搬出に手間がかかる大きな物がある場合などによって、作業時間が長引くと予想されるとその分、費用はあがります。

具体的にかかる金額、費用詳細を知りたい場合は訪問見積もりを取るのが良いでしょう。実際の作業量、人員などが見えると最終的な値段が見えてくるのです。

 

見積もりを取る前に…料金の決まり方を知っておこう

訪問見積もりを取る前に、遺品整理業者がどのように料金を決めているかを知っておきましょう。業者によってはHPに料金相場が記載されています。事前にチェックしておきましょう。

処分品の量

処分するものが多いと、比例して料金は高くなります。また、作業状況によって運搬費や人件費で費用が高くなる場合も。

建物の種類

マンションやアパートなどは建物の階層やエレベーターの有無で作業効率に差が出るため料金が変わります。また、近くにトラックが止められない、近隣の道路が狭くトラックが入れない場合なども料金に影響します。

処分品の種類

遺品整理業者は色々なリサイクル業者と提携しています。処分するものによっては無料、もしくは買取品として引き取ってもらえる場合もあります。

 

遺品整理スッキリアは無料でお見積もり・遺品の買取も承ります

「色々考えるのはめんどくさい!」と思った時は、私たち、遺品整理スッキリアにご相談ください。

明朗会計なお見積もりと料金システム
不用品の買取り・引き取りOK
安心の一般廃棄物収集運搬業の許認可
賠償責任保険に加入

が私たちの持ち味!地元密着の安心できるリサイクル・リユース業者でもありますので、遺品整理の高価買取が可能です。費用面のお悩みも解決できますよ!

 

まとめ

様々なニーズにより遺品整理業者を使う人が増えています。遺品整理を業者にお願いする際に重要なのは、「しっかりとした安心できる業者にお願いすること」です。大切な人の遺品を整理するのですから、安いだけの作業がいい加減な業者、ましては悪徳業者には依頼したくないものです。

業者にお願いする前に、何に費用が掛かっているかを知っておくことが重要。日本の一軒家の間取りは3~4LDKなので17万~60万位の費用が掛かると言われています。また料金を安くしたい・出費を抑えたいというご要望もあるでしょう。

私たち遺品整理のスッキリアは「安心×低価格×スピーディ」な高品質なサービスを多くのユーザー様に届けたいと考えています。訪問見積もりは是非、遺品整理スッキリアへご依頼ください。

失敗しない!トラブルにならない!~遺品整理業者の選び方~

ご自身だけでは遺品整理がとてもできそうもないため、専門業者に依頼しようと考えているが、どの業者を選べばよいか基準が分からない。そんな方も多いのではないでしょうか。ここではトラブルになったという事例をご紹介しながら、これから業者選定を行おうとしている方へ、失敗しない業者の選び方に触れてみようと思います。

HP上に料金が明確に提示されているか?
不用品からも買取できる物は買取ってくれて、費用の負担軽減をしてくれるのか?
遺品整理におすすめの業者とはどこなのか?

さまざまな疑問を解決しながら、良い遺品整理業者の選び方をお伝えいたします。遺品整理悪徳業者への依頼を未然に防ぎ、健全で真摯に対応してくれる業者に依頼しましょう。

 

初めての依頼だからこそ良い遺品整理業者の選び方を知っておこう。

遺品整理が必要になった場合、ご自身で片付けられない時は「業者に任せる」という選択肢があります。ですが、依頼するのが初めての人もとても多いのです。トラブルにならないよう、業者に依頼する前に、しっかりメリット・デメリットを知っておく必要があります。まずはメリットとデメリットを把握しておきましょう。

自分だけでは整理しきれないことでも完結!買取でコスト削減!

【遺品整理を業者に任せることのメリット】
・短時間で片付く
・自分だけでは整理できない重い物・大きな物の運び出しが可能
・買取してもらえることもある

一軒家すべてになると自分一人ではとても整理しきれません。ですが業者に依頼することで驚くほど短時間で片付きます。また、婚礼タンスや大型冷蔵庫などの重い家電や大きな家具も運び出しもしてくれます。買取が出来る業者を選べば、遺品整理にかかる費用の軽減も期待できます。

しっかりとした打ち合わせをしておかないとトラブルに。

【遺品整理を業者に任せることのデメリット】
・費用がかかる
・業者によっては品物を雑に扱われる
・トラブルになることもある

当然ですが、業者に依頼をすると、搬出や処分代などの費用が掛かります。業者により費用はバラバラです。これは作業スタッフの人数や、それに伴いかかる時間などが業者によって様々だからです。ですが、業者によっては期日までに完了させたいがあまり、搬出する品物を雑に扱われる可能性もあります。家財を破損したり、搬出してはいけない物を搬出してしまうトラブルも考えられます。

 

【料金問題・不法投棄・安価買取】遺品整理業者とのトラブル事例

見積以上の請求

車に品物を積み終わった後に、量を見誤った等の理由で、見積もり以上の料金を口頭で請求してくるケースです。支払わないと言うと「では、積んだ荷物をこの場で降ろす」と脅しにもとれることを話す業者が現実にいるのです。

不法投棄される

一般家庭からの不用品・粗大ごみを、料金を頂いて回収する業者は、お客様が所在する市町村の「一般廃棄物収集運搬許可」が必要になります。業者の中には、許認可を持たずにお客様からお金を頂いている会社も多々あります。

許認可なくお客様から有料で不用品・粗大ごみ回収を行うのはもちろん違法ですし、回収した品物を適正に処分しているかもわかりません。こうした認許可を持たない業者とのトラブルが多発しております。

HPに一般廃棄物収集運搬許可の番号が記載されて無い業者には特に注意が必要です。

価値ある遺品を安く買い取られる

アンティーク家具や中国美術、骨董などは需要が高く、高額の査定額が期待できます。家電は購入から3~5年程度であれば売れる可能性は高いです。指輪、ネックレス、ブローチなどのアクセサリーや時計などの貴金属は高価買取の対象になります。ロレックスなど、時計としても世界中で人気が高く価値のあるものは、「高級時計」として高額査定になる場合がほとんどです。

買取可能な業者を選んだ際には、遺品の中で価値があるものを知っておかないと業者によっては騙されるので注意が必要です。業者の中には、価値を知っていながらわざと安い金額を提示してくるなんてことも。

 

おすすめ!良い遺品整理業者の選び方

明朗会計な料金システム(見積以上の請求がない)

見積もり書に担当者名や会社名、所在地、連絡先などが記載されているか確認しましょう。また、作業における金額明細などがきちんと記載されているかも判断材料になります。担当者に、「見積額以上のご請求はありません」と一筆書いてもらうのも良いかもしれません。

一般廃棄物収集運搬業の許可

休日にスピーカーで大きな音を出して走っている廃棄回収のトラック、実は大半が「一般廃棄物収集運搬許可」の保有せず、違法に不用品を回収している業者だということをご存じでしたか?遺品整理不用品・粗大ごみを回収業者に依頼する際には、「一般廃棄物収集運搬許可」の保有をきちんとHP等で確認して、安心できる業者を選ぶようにしましょう。

買取価格が適正(リサイクル・リユース業者)

悪質な業者は価値あるものと知りながら「すべてまとめて無料で引き取ります」などと言い、持ち去ってしまいます。不用品の買取査定をお願いしたところ、不当な査定金額を提示されたなんてことも。

この商品はこういう理由で、この買取価格になります等、担当者が金額や価値についてきちんと説明してもらえる会社を選びましょう。

遺品整理スッキリアの特徴

・一般廃棄物収集運搬業の許認可
・明朗会計な料金システム(見積以上の請求はいたしません)
・賠償責任保険に加入
・作業後に違うスタッフがお客様にアンケートを実施し、お客様からの声は全て開示(作業後日、会社からお客様宅へアフターフォローのお電話をさせて頂き、作業において問題が無かったか、会社に対しての要望等お聞きいたします。)

過去にトラブルに巻き込まれたお客様の中には、「遺品整理で家具全般を処分してもらおうと業者に依頼したところ、回収作業中に家具で壁に傷をつけてしまった」という方がいらっしゃいました。

業者が傷つけたにもかかわらず、賠償責任保険に入っていない為、修繕費を支払おうとしなかったそうです。万が一の時に備えて、依頼する業者が損害賠償保険に加入していることを確認することも大切なポイントです。

遺品整理スッキリアでは、案件ごとに、作業完了した翌日、会社からお客様宅へアフターフォローのお電話をさせていただいております。作業において疑問に感じたこと、要望など些細なことでもお伝えください。お客様の声をお聞きし、スタッフ一人ひとりの接客対応を、より良いものにしてまいります。

 

まとめ

・自分たちだけで片付けられない、時間が無いときは業者に依頼するのも良い。
不用な遺品を買い取って、必要なところへリサイクル・リユースしてくれる業者もある。
・業者が増える一方でトラブルも増えている。
・しっかりとした信頼できる遺品整理業者に依頼する必要がある。
遺品整理スッキリアは地元密着の安心できるリサイクル・リユース業者。

遺品整理業者の選び方のポイントをお伝えしました。一言に遺品整理といっても各業者の考え方や姿勢は様々です。良心的な業者なら、今回お伝えさせて頂いたこと、それ以外のことについても、親切にしっかりと分かりやすく説明してくれるはずです。

何社も見積書をとって比較検討することも大切ですが、遺品整理はご依頼主様の希望内容に合わせることで金額も変わってきます。一概に値段だけの判断では失敗するケースがほとんどと言ってもいいかもしれません。

よって、あなたとフィーリングが合い、親身になってくれる会社や担当者を見つけることを重視したほうがいいと私たちは考えます。遺品整理スッキリアは、あなた様が遺品整理を頼んでよかったと思える、そんな企業を目指し邁進してまいります。

まずは《遺品整理スッキリア》にご相談ください。お見積りは無料です。