遺品整理お役立ち情報

失敗しない!トラブルにならない!~遺品整理業者の選び方~

ご自身だけでは遺品整理がとてもできそうもないため、専門業者に依頼しようと考えているが、どの業者を選べばよいか基準が分からない。そんな方も多いのではないでしょうか。ここではトラブルになったという事例をご紹介しながら、これから業者選定を行おうとしている方へ、失敗しない業者の選び方に触れてみようと思います。

HP上に料金が明確に提示されているか?
不用品からも買取できる物は買取ってくれて、費用の負担軽減をしてくれるのか?
遺品整理におすすめの業者とはどこなのか?

さまざまな疑問を解決しながら、良い遺品整理業者の選び方をお伝えいたします。遺品整理悪徳業者への依頼を未然に防ぎ、健全で真摯に対応してくれる業者に依頼しましょう。

 

初めての依頼だからこそ良い遺品整理業者の選び方を知っておこう。

遺品整理が必要になった場合、ご自身で片付けられない時は「業者に任せる」という選択肢があります。ですが、依頼するのが初めての人もとても多いのです。トラブルにならないよう、業者に依頼する前に、しっかりメリット・デメリットを知っておく必要があります。まずはメリットとデメリットを把握しておきましょう。

自分だけでは整理しきれないことでも完結!買取でコスト削減!

【遺品整理を業者に任せることのメリット】
・短時間で片付く
・自分だけでは整理できない重い物・大きな物の運び出しが可能
・買取してもらえることもある

一軒家すべてになると自分一人ではとても整理しきれません。ですが業者に依頼することで驚くほど短時間で片付きます。また、婚礼タンスや大型冷蔵庫などの重い家電や大きな家具も運び出しもしてくれます。買取が出来る業者を選べば、遺品整理にかかる費用の軽減も期待できます。

しっかりとした打ち合わせをしておかないとトラブルに。

【遺品整理を業者に任せることのデメリット】
・費用がかかる
・業者によっては品物を雑に扱われる
・トラブルになることもある

当然ですが、業者に依頼をすると、搬出や処分代などの費用が掛かります。業者により費用はバラバラです。これは作業スタッフの人数や、それに伴いかかる時間などが業者によって様々だからです。ですが、業者によっては期日までに完了させたいがあまり、搬出する品物を雑に扱われる可能性もあります。家財を破損したり、搬出してはいけない物を搬出してしまうトラブルも考えられます。

 

【料金問題・不法投棄・安価買取】遺品整理業者とのトラブル事例

見積以上の請求

車に品物を積み終わった後に、量を見誤った等の理由で、見積もり以上の料金を口頭で請求してくるケースです。支払わないと言うと「では、積んだ荷物をこの場で降ろす」と脅しにもとれることを話す業者が現実にいるのです。

不法投棄される

一般家庭からの不用品・粗大ごみを、料金を頂いて回収する業者は、お客様が所在する市町村の「一般廃棄物収集運搬許可」が必要になります。業者の中には、許認可を持たずにお客様からお金を頂いている会社も多々あります。

許認可なくお客様から有料で不用品・粗大ごみ回収を行うのはもちろん違法ですし、回収した品物を適正に処分しているかもわかりません。こうした認許可を持たない業者とのトラブルが多発しております。

HPに一般廃棄物収集運搬許可の番号が記載されて無い業者には特に注意が必要です。

価値ある遺品を安く買い取られる

アンティーク家具や中国美術、骨董などは需要が高く、高額の査定額が期待できます。家電は購入から3~5年程度であれば売れる可能性は高いです。指輪、ネックレス、ブローチなどのアクセサリーや時計などの貴金属は高価買取の対象になります。ロレックスなど、時計としても世界中で人気が高く価値のあるものは、「高級時計」として高額査定になる場合がほとんどです。

買取可能な業者を選んだ際には、遺品の中で価値があるものを知っておかないと業者によっては騙されるので注意が必要です。業者の中には、価値を知っていながらわざと安い金額を提示してくるなんてことも。

 

おすすめ!良い遺品整理業者の選び方

明朗会計な料金システム(見積以上の請求がない)

見積もり書に担当者名や会社名、所在地、連絡先などが記載されているか確認しましょう。また、作業における金額明細などがきちんと記載されているかも判断材料になります。担当者に、「見積額以上のご請求はありません」と一筆書いてもらうのも良いかもしれません。

一般廃棄物収集運搬業の許可

休日にスピーカーで大きな音を出して走っている廃棄回収のトラック、実は大半が「一般廃棄物収集運搬許可」の保有せず、違法に不用品を回収している業者だということをご存じでしたか?遺品整理不用品・粗大ごみを回収業者に依頼する際には、「一般廃棄物収集運搬許可」の保有をきちんとHP等で確認して、安心できる業者を選ぶようにしましょう。

買取価格が適正(リサイクル・リユース業者)

悪質な業者は価値あるものと知りながら「すべてまとめて無料で引き取ります」などと言い、持ち去ってしまいます。不用品の買取査定をお願いしたところ、不当な査定金額を提示されたなんてことも。

この商品はこういう理由で、この買取価格になります等、担当者が金額や価値についてきちんと説明してもらえる会社を選びましょう。

遺品整理スッキリアの特徴

・一般廃棄物収集運搬業の許認可
・明朗会計な料金システム(見積以上の請求はいたしません)
・賠償責任保険に加入
・作業後に違うスタッフがお客様にアンケートを実施し、お客様からの声は全て開示(作業後日、会社からお客様宅へアフターフォローのお電話をさせて頂き、作業において問題が無かったか、会社に対しての要望等お聞きいたします。)

過去にトラブルに巻き込まれたお客様の中には、「遺品整理で家具全般を処分してもらおうと業者に依頼したところ、回収作業中に家具で壁に傷をつけてしまった」という方がいらっしゃいました。

業者が傷つけたにもかかわらず、賠償責任保険に入っていない為、修繕費を支払おうとしなかったそうです。万が一の時に備えて、依頼する業者が損害賠償保険に加入していることを確認することも大切なポイントです。

遺品整理スッキリアでは、案件ごとに、作業完了した翌日、会社からお客様宅へアフターフォローのお電話をさせていただいております。作業において疑問に感じたこと、要望など些細なことでもお伝えください。お客様の声をお聞きし、スタッフ一人ひとりの接客対応を、より良いものにしてまいります。

 

まとめ

・自分たちだけで片付けられない、時間が無いときは業者に依頼するのも良い。
不用な遺品を買い取って、必要なところへリサイクル・リユースしてくれる業者もある。
・業者が増える一方でトラブルも増えている。
・しっかりとした信頼できる遺品整理業者に依頼する必要がある。
遺品整理スッキリアは地元密着の安心できるリサイクル・リユース業者。

遺品整理業者の選び方のポイントをお伝えしました。一言に遺品整理といっても各業者の考え方や姿勢は様々です。良心的な業者なら、今回お伝えさせて頂いたこと、それ以外のことについても、親切にしっかりと分かりやすく説明してくれるはずです。

何社も見積書をとって比較検討することも大切ですが、遺品整理はご依頼主様の希望内容に合わせることで金額も変わってきます。一概に値段だけの判断では失敗するケースがほとんどと言ってもいいかもしれません。

よって、あなたとフィーリングが合い、親身になってくれる会社や担当者を見つけることを重視したほうがいいと私たちは考えます。遺品整理スッキリアは、あなた様が遺品整理を頼んでよかったと思える、そんな企業を目指し邁進してまいります。

まずは《遺品整理スッキリア》にご相談ください。お見積りは無料です。