事例紹介・お客様の声

公営住宅の遺品整理をご依頼いただきました。細かな作業もスッキリアにお任せ!

今回は、県営団地にお住まいだった方の遺品整理をいたしました。
ご依頼主は、県外在住の方で1日での作業をご希望でした。
公営住宅ということもあり、細かい部分まで完璧な作業をする必要があったのが特徴です。
時間もなかったので、人員を増やして段取りよく進めました。
スッキリアでは、状況に合わせて人員を調整し、スムーズに遺品整理を行います。

速やかに遺品整理をするために

遺品整理は、仕分けや掃除を含めると、大変時間のかかる作業です。
今回のように、日程に限りがある場合は、特に段取りを考えて作業をする必要があります。
速やかに遺品整理をするためのポイントを押さえていきましょう。

仕分けのルールを決める

遺品整理で、最も時間がかかる作業として挙げられるのが仕分けです。
今回は、必要なものが見つかったら残して欲しいというご依頼をいただきました。
その時に、必要なもの・不要なもののルールが決まっていると、作業がスムーズになります。
もちろん、現金や通帳、貴金属など明らかに大切なものは仕分けしやすいですが、思い出の品や個人的に大切にしているものなどは、ご本人やご遺族にしかわかりません。
業者に依頼する際は、事前にルールを決めておくことが大切です。

狭い部屋から始める

今回は、県営住宅だったため、スペース的にはさほど広いわけではありませんでしたが、ご家庭によっては、古くて大きなお家の遺品整理を頼まれるケースもあります。
遺品整理をする場所が多ければ多いほど、どこから手をつけたら良いか分からず途方にくれがちです。
スムーズに作業を進めるためには、狭い部屋から作業を始めるようにしましょう。
一部屋ごと片付いていくと、勢いがついて片付けやすくなります。

賃貸物件の遺品整理における注意点

今回は、県営住宅の遺品整理でしたが、一般的な賃貸物件でも退去時には細部まで綺麗にする必要があります。
続いては、賃貸物件の遺品整理をする際の注意点を押さえておきましょう。

原状回復をする

一般的に、賃貸物件では退去時に現状回復をする必要があります。
どこまで回復するかは、入居時に交わした賃貸借契約書に記載されているので、確認しておきましょう。
特に、今回のような公営住宅は現状回復の基準が厳しいケースが多く、中には換気扇や配線、網戸の撤去を求められることもあります。
今回は、釘や画鋲などの撤去まで細かくチェックをし、完璧な作業をいたしました。
スッキリアでは、こうした細かな要望にも対応しております。

退去日と家賃の確認

賃貸住宅に住んでいた方が亡くなられても、解約をするまでは家賃が発生します。
そのため、出来るだけ早く片付けをして退去する必要があるでしょう。
遺品整理にかかる期間も踏まえた上で、管理会社に相談する必要があります。

賃貸物件の遺品整理に困ったらスッキリアへ

スッキリアでは、賃貸物件の遺品整理にも対応しています。
契約上、細かいところまでチェックをする必要がある方でも、ぜひ一度ご相談ください。
現地をチェックした上で、適切な作業をご提案いたします。
また、買取可能なものがあれば、査定もいたしますので、ご安心ください。
高松市、坂出市、さぬき市、丸亀市他 香川県内であれば全域からお申込みを承っております。
賃貸物件の遺品整理に関して、不安や悩みを抱えている方は、まずは「遺品整理スッキリア」にご相談下さい。
<問い合わせフォームはこちらをクリック>

まずは《遺品整理スッキリア》にご相談ください。お見積りは無料です。