事例紹介・お客様の声

リフォーム前の遺品整理をご依頼いただきました。一軒家の遺品整理に関する悩みはありませんか?

今回は、20代の男性にご依頼いただき、遠縁にあたる親戚の遺品整理を行いました。
「遺品整理スッキリア」では、様々なケースの遺品整理に対応していおります。

遺品整理とは

ご家族やご親族が亡くなった後は、想像以上にやらなければならないことが多くあります。
しかし、悲しみに暮れている状況で、行政や葬儀社などとのやりとりは非常に大変な作業です。
さらに遺族の負担となるのが、遺品整理でしょう。
故人が暮らした家や部屋に遺っている物品の整理は、労力はもちろん時間もお金もかかります。
スッキリアでは、お見積もりやご相談を24時間メールで受け付けていますので、ぜひご相談ください。

遺品整理後にリフォームをするケース

今回のケースでは、遺品整理が完了した後にリフォームしてお住まいになられるという状況でした。
とはいえ、ほとんど故人と面識がなかったとのことで、お若いのに感心です。
続いては、リフォームを目的とした遺品整理について、ポイントを解説します。

残したいものをリストアップする

今回は、遺品のうち貴重品や一部の本・書類は捨てずに残して欲しいという依頼でした。
部屋数は少ないお宅でしたが、押入れ内には満杯に物が詰まっており、一見するよりも物量がありました。
こうしたケースの場合、事前に残したいもののリストがはっきりしていると作業がスムーズになります。
お一人でのリストアップや断捨離が難しい場合は、当社でもサポートを行なっておりますので、いつでもご相談くださいませ。

スケジュールについて

今回のご依頼者は、県外から立ち会うという状況でした。
そのため、できれば平日を使って1日で作業を終えて欲しいとのことで、よりスムーズな作業が求められました。
このように、スッキリアではお客様のご希望に沿ったスケジュールに出来る限り対応しております。
お急ぎの場合、最短即日での対応も可能です。
実際、今回の場合は、7時間ほどで作業を終えることができ、お客様のご希望通り1日でのお引渡しとなりました。
まずは、一度ご相談ください。

施錠されたタンスや物入れについて

今回の案件では、施錠されたタンスや物入れが遺っていました。
リフォームをする前提での作業であり、貴重品は残すといった条件でしたので、止むを得ず
解体して中身を確認しなくてはなりませんでした。
こうしたイレギュラーの出来事に対してもできる限り対応いたします。
見積もりの段階で、事前に開けるのが困難なタンスや物置があることがわかれば、お知らせいただけるとよりスムーズな作業が可能です。
お気軽にお問い合わせください。

それぞれの状況に合わせて遺品整理を行います

遺品整理を行う際の状況は、お客様によって様々です。
今回の事例のように、リフォームを前提とした遺品整理のほか、解体したりそのまま暮らすというケースもあるでしょう。
その後の状況に合わせて、遺品整理に関する作業も異なってきます。
そのため、遺品整理後の流れをある程度当社で把握できておくと、より綿密なスケジュールや予算が立てやすくなるので、事前にお伝えいただくことが大切です。
お電話での相談も承っておりますので、ぜひ一度お問い合わせください。

遺品整理に困ったらスッキリアへ

高松市、坂出市、さぬき市、丸亀市他 香川県内であれば全域からお申込みを承っております。
遺品整理に関して、不安や悩みを抱えている方は、まずは「遺品整理スッキリア」にご相談下さい。
<問い合わせフォームはこちらをクリック>

まずは《遺品整理スッキリア》にご相談ください。お見積りは無料です。