事例紹介・お客様の声

ゴミ屋敷の片付けをご依頼いただきました。手がつけられなくなる前に早めの対処が大切!

今回は、ゴミ屋敷化してしまった部屋の片付けをご依頼いただきました。
高齢化が進む昨今、自分では片付けが困難になった状態で家主がなくなるケースも少なくありません。
スッキリアでは、ご遺族の方だけでは対処しきれないゴミ屋敷の遺品整理も承っております。

ゴミ屋敷とは

ゴミ屋敷として一般的に定義されているわけではありませんが、家の中にゴミが溢れかえり、足の踏み場も無いような状況をゴミ屋敷と呼ぶことがほとんどです。
心の病を抱えたり、捨てられない性分だったりとゴミ屋敷になる理由は様々にありますが、高齢化も原因の一つといえるでしょう。

ゴミ屋敷を放置しておくとどうなる

ゴミ屋敷となった家の家主が亡くなった場合、ご遺族が片付けをするのは非常に大変な作業です。
そのため、なかなか手がつけられず放置してしまうことも考えられます。
しかし、ゴミ屋敷を放置してしまうと様々な問題に発展し兼ねません。
続いては、ゴミ屋敷が巻き起こす問題について解説します。

悪臭・害虫問題

生ゴミや汚水が溜まっている状況であれば、悪臭問題が発生します。
それに加えて、害虫など近隣に対して迷惑がかかる可能性も大いにあるでしょう。
集合住宅の場合、床が傷み下の階に汚水が漏れたり、最悪の場合、床が抜けてしまうケースも考えられます。

火災の可能性

ゴミ屋敷と化した家を空き家のまま放置しておくと、コンセント周りに溜まったゴミやホコリが原因で火災になる可能性があります。
ゴミ屋敷に一度火がついてしまうと、燃え移りやすいものが多いため、あっという間に大火災にもなりかねません。
スッキリアでは、こうした状況になる前に、ゴミ屋敷問題を対処するためのサポートをしています。
親族が放置しているゴミ屋敷など、悩みを抱えておられる方は、ぜひ一度ご相談ください。

ゴミ屋敷の遺品整理について

今回は、幸いにも食べ残しがなく、冬場ということもあり悪臭問題がありませんでした。
また、ご遺族がある程度片付けをされていたこともあり、作業がしやすかったのが特徴です。
近隣住民にご迷惑がかからないようにというご希望でしたが、お客様による事前作業のおかげもあり無事に完了しました。
しかし、ゴミ屋敷の遺品整理は、こうしたスムーズなケースばかりではありません。
ゴミ屋敷の遺品整理におけるポイントについて解説します。

早めの相談が大切

今回のご依頼者は、手がつけられなくなったゴミ屋敷が空き家になってからも家賃を払い続けておられました。
大変な無駄遣いとなってしまうため、早めの対処が大切です。
また、時間が経過すればするほど、家の中の状態が悪くなり作業にも時間がかかります。
悪臭がきつくなれば、別途作業費も嵩むため注意しましょう。

小銭が大量に出てくる可能性あり

ゴミ屋敷だからといって、お金がなく片付けが出来ずにゴミ屋敷になるわけではありません。
今回のお宅からも、数万円分もの小銭が回収されました。
お金以外はすべて捨てていいという依頼でしたが、小銭はどこから出てくるかわかりません。
こうした状況からも、お金の問題ではなく外部との関係が薄いことがわかります。
生前の段階で、できるだけ親族がサポートしたり、できない場合は何らかの支援サービスが利用できれば心強いでしょう。

ゴミ屋敷の遺品整理に困ったらスッキリアへ

スッキリアでは、ゴミ屋敷となったお宅の遺品整理にも対応しています。
悪臭対策や害虫対策も手掛けておりますので、ぜひ一度ご相談下さい。
高松市、坂出市、さぬき市、丸亀市他 香川県内であれば全域からお申込みを承っております。
遺品整理に関して、不安や悩みを抱えている方は、まずは「遺品整理スッキリア」にご相談下さい。
<問い合わせフォームはこちらをクリック>

まずは《遺品整理スッキリア》にご相談ください。お見積りは無料です。