事例紹介・お客様の声

ゴミ屋敷の整理をご依頼いただきました。出来るだけ早めの対策が大切!

今回は、長らく放置されたゴミ屋敷の整理をご依頼いただきました。
高齢化社会が進み、ゴミ屋敷に関する問題は深刻化を極めています。
高齢者に限らず、日頃の仕事に追われて気がつけばゴミ屋敷になってしまったというケースも少なくありません。
スッキリアでは、手がつけられなくなったゴミ屋敷の整理もサポートしています。

ゴミ屋敷の怖さ

今回担当したお宅は、長い間放置されていたゴミ屋敷でした。
その割には、生ゴミの腐敗臭などが少なく、作業がしやすかったのが特徴です。
しかし、ゴミ屋敷のほとんどは、放置すればするほど状況が悪化します。
ゴミ屋敷を放置すると、どんなことが起こるのかを見ていきましょう。

害虫問題

ゴミ屋敷の中には、ゴキブリやハエ、ネズミなどが大好きな食べ残しや腐敗したものが溢れています。
害虫や害獣は、放っておけばどんどん増える厄介者です。
ゴミ屋敷の中だけで増えれば良いですが、近隣住宅にも迷惑をかける可能性も否めません。
ゴミ屋敷が根源となり、地域全体が不衛生な状況になれば、大問題に発展するでしょう。
遺品整理をするのであれば、ゴミ屋敷が害虫の溜まり場になる前に、早い段階で作業することが大切です。

悪臭問題

ゴミ屋敷のほとんどは、生ゴミもそのまま放置しています。
今回の場合は、生ゴミの腐敗臭がなく、作業もスムーズに行えましたが、一般的なゴミ屋敷では腐敗臭の中で作業をしなければなりません。
もちろん、強烈な臭いは近隣まで漂い、苦情が届くことも多いでしょう。
特に、夏場は一気に腐敗が進むため、遺品整理も早く進めておく必要があります。

火災の恐れ

遺品整理をする段階の家は、電気が通っていることも少なくありません。
ゴミ屋敷の場合、埃も大量に溜まっているため、コンセント部分から発火する可能性があります。
また、腐敗によって発生したガスや溜め込まれた書類などがあれば、すぐに引火し燃え広がるでしょう。
近隣にまで延焼してしまえば、大変な問題になってしまいます。
万が一の事態に見舞われないためにも、遺品整理は早めにすることが大切です。

遺品整理で処理できないもの

いくらゴミ屋敷だったとはいえ、整理をする際には仕分けをしていくことになります。
基本的には、全て処分するという依頼であっても、貴重品が出てくる可能性があるので、仕分けは欠かせない作業です。
今回も、現金や貴金属などがたくさん出てきたため、処分せずにお返しする流れとなりました。
また、新品のバッグや洋服などもあり、状態によっては買取ができる可能性もあります。
スッキリアでは、状態の良いものや貴重品が出てきた場合には、すぐに処理するのではなく、ご依頼主に相談しながら作業を進めるため安心です。
長らく整理していなかった家でも、お気軽にご相談下さい。

遺品整理やゴミ屋敷に困ったらスッキリアへ

スッキリアでは、ゴミ屋敷になった家の遺品整理にも対応しています。
大量の荷物が残されており、何から手をつけたらいいかわからない方は、ぜひ一度ご相談ください。
現地をチェックした上で、適切な作業をご提案いたします。
また、買取可能なものがあれば、査定もいたしますので、ご安心ください。
高松市、坂出市、さぬき市、丸亀市他 香川県内であれば全域からお申込みを承っております。
ゴミ屋敷になった家の遺品整理に関して、不安や悩みを抱えている方は、まずは「遺品整理スッキリア」にご相談下さい。
<問い合わせフォームはこちらをクリック>

まずは《遺品整理スッキリア》にご相談ください。お見積りは無料です。